人間風車

2012/04/25(水)
新しい見方

映画「マネー・ボール」を観ていろいろ考えさせられた。
それまでの勘と経験に頼っての
選手の獲得や起用を
「統計」によって決めるという手法によって、
奇跡の20連勝を果たしたという
アスレチックスの真実の物語。

あいまいな記憶や主観や直感に頼るのではなく、
例えば状況毎の出塁率とかいった
「明確な数字」で判断するということ自体が
どれほど有効なのかは、
素人の自分にはよくわからない。
(調べてみたら、
最近のアスレチックスの成績はよくない)
ただ、
従来の方法で「結果」が出ないのなら、
別の「見方」を導入してみる必要があるのでは?
という提言はとても価値があると思う。

そんなこたー誰でもわかってると思うけど、
実際に現場に「新しい見方」を導入するのは
けっこうむつかしい。
なんせ、まだ実績がない「見方」なので
他人の説得もむつかしい。
それ以上に
自分の頭の中の古い考えを追い出すのがむつかしい。
新しい方の「見方」を自分で信じ切る、
のがむつかしいため、追い出せないのだ。

いわゆるソーシャルネットワークゲームの世界の人と話していると
ともかく数字の話がよくでる。
DLした人に対する実際にプレイする人の数、
その中で有料アイテムを買ってくれる人の数、
製作費とそれらの数の成功比率などなど。
それらの数字から、ゲームを
どのくらいの「大きさ」にするのか、
どのくらいの「数」にするのか、
などを決めていく(ようだ)。

数字優先の制作方法が正しいのか???だけど、
(少なくとも今は結果を出している)
あまりにも勘と経験に頼りすぎてきた
コンシューマゲームの世界は、
少し耳を傾ける必要があるんじゃないかな?と
「マネー・ボール」を観て、そう思った。



2012/04/20(金)
人はわざわざそれをしないものだ

人間(っていうかオレ)のつぶやき量は
一定なんだなーとつくづく思う。
twitterやFacebookにつぶやいてばかりいるおかげで。
ここがすっかりお留守になってしまった。。。
よほど、web上でお知らせしたいとか主張したいとか
強い気持ちがないと
HPというものの意義はどんどん薄くなっちゃってく。
PC自体がもうそうだもの。
PCでの閲覧を前提としたHPなんてのは、
役割が終わっちゃったのかも知れない。
(とHPに書いているわたし、、、)

そういえば、最近よくゲームをする。
仕事だから当たり前でしょ?と言われそうだけど、
実は今までそんなにはゲームをやってこなかった。
(FPSのマイブームも去ったし)
それがここのところ、よくゲームをする。
ハードはiPhone。
ゲーム機やPCでは相変わらずあまりやらない。

特にiPhone用のゲームが優れているから
というわけではない。
他のハードに比べて、
普段の生活の細かい隙間に
ムリなくムダなく入ってきてくれるのが
iPhoneとそのアプリだってことである。
メールを見たついでに、電話したついでに、
ふと立ち上げてしまう。
「わざわざ感」が全くない。
ハードもそうだけど、アプリもそう。
説明不要。プレイ時間がたいがい短い。
欲しいときに手に入る。
その心理的障壁の低さが
毎日やっちゃう、やれちゃう理由なんだろう。
(しかも、たいがいはFREEなので金銭的障壁も低い)

そういう自分を振り返って
「人はわざわざそれをしないものだ」
(わざわざしてもらうってことはそのくらい大変なことだ)
くらいの気持ち(覚悟?)で作らないといけないんだろうなー
と再認識したのだった。



2012/04/02(月)
ドラクエ風マップ

締め切り後の月曜。
恒例に「なってしまった」月末バージョンの納品をアップした後は、
HP=0、MP=0
(今日もやること満載なのに、、、w)

ほとんどの人が知っていると思うけど、
googleのエイプリールネタ「8bitドラクエ風マップ
いいですねー。
(まだ今なら見られるみたい)
実際の地図を古典的なRPG風マップに変換する。
(添付図は弊社あたりの地図)
いろんなところにモンスターがいる。
ウロウロしながらそれを探す。
ときにルーラ(地名入力)を使って思い当たる場所に行く。
これだけで、十分遊びになっている。

「ドラクエ」という架空の世界と
googleマップというリアルな世界とが
なんの違和感もなく合体してるのがスゴイ。

こういうのを見るとついAI好き魂がうずき出す。
googleマップの情報から
地形属性(草原とか森とか砂地とか)を
定義できているわけだから、
それを使えば、そこの出現するモンスターを定義できる。
周り8ブロックの地形属性から、
(川縁とか森のど真ん中とか定義できそう)
そのモンスターの強さや特徴を定義できそうだ。
城やお寺も定義されていたので、
そこにNPCやイベントを組み込むことも出来そうだ。
イベントの自動生成(とくにお使いイベント)は
意外と簡単にできると思う。
(おもしろいとかとは別の話だけど)

googleのパワーを使えば
他のユーザーのを表示したり、
他のユーザーとの協力なんてことも
可能かも知れない。

う~~ん。妄想(だけ)が広がるw

20120402.jpg





« 人間風車: 2012年3月 | | 人間風車: 2012年5月 »