まずは、ウランとか核分裂の話
火力発電所では重油が燃料ですが、
原子力発電所では、ウランが燃料となります。
ウランは、元素の1つで、ウラン鉱山から採掘されます。
ウランには、ウラン(235)とウラン(238)という2人の兄弟がいます。
このうち、ウラン(235)だけが燃料となります。

ウラン(235)はとても不安定な元素なので、中性子という「弾」を当てると、
2つの元素に分裂してしまいます。
そして、分裂するときに、熱と中性子を2個か3個放出します。

ちなみに、今回の原子炉事故で飛び出して、東京などで感知されたのは、
この分裂してできた元素たちです。
ちなみに
天然ウランの中には、ウラン(235)は0.7%ほどしか入っていません。他は237の方。
燃料にするために、4%ぐらいまで濃縮します。
もっと濃縮して、純度90%くらいにしたものが、原子力爆弾です。
top