分裂の連鎖が原子力発電のキモ
分裂するときにはじき出された中性子が、他のウランにぶつかると、そのウランが分裂する。
分裂すると、またまた、中性子がはじき出されて、
その中性子がまた他のウランにぶつかって、、、という連鎖反応を
安定的に!起こさせるのが、原子力発電です。
ウランが分裂するときに出る熱で、お湯を沸かして、タービンを回して発電します。
ちなみに、
一気に連鎖反応を起こさせると、原子爆弾になります。
top